キッズラボについて

子どもたちが大人になる20年後の世界は
どのような世界でしょうか?

世の中はAIやロボットによる自動化が進み、
人は生活するために働く時代から、
自分の人生をどう生きるかが
自分で決められる時代になっていくでしょう。

だからこそ今の子どもたちが豊かに生きるためには、
0歳から6歳までにどのように過ごすかによって、
その後の自分らしさを生きるためのヒントになります。

キッズラボでは、子どもたち一人ひとりが
自分らしく生きるために必要な環境を
つくりたいと考えています。

自分がやりたいことを自分で見つけられて、
自分らしく生きるための土台作りとなる空間が、
キッズラボにはあります。

子どもの視点や発達に合わせて保育環境を見直したり、場面に応じて遊びや用具の用意をしたりなど、適切な援助をおこないます。

一人ひとりの子どもの発育・成長に応じて、適切な援助をし、衣服の着脱、食事、排泄、健康面など、基本的生活習慣が身につくようにしていきます。

物の形や数、文字など、興味を持ってじっくり取り組めるよう、幼児期にふさわしい生活環境や教材・教具を整えます。「輝いた大人」として保育者自身が学び成長することの楽しさを伝えます。

清潔な環境を維持し、身辺の清潔を整えます。保育者が良き手本となるよう、行動します。

食に関わる体験を通して、食べ物が心と身体を作っていることを伝え、食材や食に関わる人への感謝の気持ちを育てます。

ときには泣いたり怒ったりすることで表現する子どもの気持ちを受け止めながら、集団生活の中でほっと一息つけるよう、心の居場所として寄り添います。

日々の保育や行事などを通して、ふれあいの機会をつくり、環境設定をします。また、友達や周囲の人との関わりの中で、他者の気持ちを思いやったり決まりを守ることを知らせ、子どもの心の安定に配慮して援助します。

園見学は、各園までお問合せください

施設一覧